大学についてABOUT COLLEGE

ホーム  >  大学について  >  教育研究案内  >  教員情報データベース

教員情報データベース

教育研究案内


地域こども学科 こども教育コース
地域こども学科 こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド
地域こども学科 こども保育コース/音楽・スポーツ・自然と遊び・心と発達フィールド

中田 奈月

教授 博士

中田 奈月Nakata Natsuki

MESSAGE

私たちは誰かに出会ったとき,外見や振る舞いからその人を判断します.スカートをはくのは女性,病院で白衣を着るのは医師,といった具合に.「男性はスカートをはいてはならない」という法律はないのに,スカート姿の人を振り返ったら実は「男性」と分かった時、私たちは驚きや戸惑いを覚えるかもしれません.予想と実際とがそぐわないときに覚える,驚きや戸惑い,居心地の悪さ.そんなことをモヤモヤと考えるのが私のテーマです.

専門分野 社会学
担当科目 社会学,社会調査法,生活,家庭支援論
趣 味 剥がすこと
長 所 大きな声が出せる.教室内で,声が大きすぎて聞こえないと言われたことも.
短 所 大雑把なこと.
名称 単著・共著 発行年・発表年 雑誌名・学会名
■著書
家庭の意義と機能 共著 2016 井村圭壯 今井慶宗編『保育実践と家庭支援論』(分担:1-11) 勁草書房
 「洟垂れ小僧」の変遷 共著 2014 現代風俗研究会編『かお』(分担:110-113)国際文化出版局
保育士・幼稚園教員は専門職か
共著
2011 小堀哲郎編『社会のなかの子どもと保育者』創成社
男女幼稚園教員・保育士のライフコース
共著
2011 小堀哲郎編『社会のなかの子どもと保育者』創成社
観測の方法 -考現学と社会調査法の理論と実践から
 共著
2009 現代風俗研究会編『駅前観測』新宿書房(分担:12-36)
ペット——気軽さと尊さのはざまで  共著 2000 鵜飼正樹 永井良和 藤本憲一編『戦後日本の大衆文化』 昭和堂 全337頁(分担:151-169)
調べ方ガイド——新聞記事  共著 2000 鵜飼正樹 永井良和 藤本憲一編『戦後日本の大衆文化』 昭和堂 (分担:170-171)
ペット——我々は彼らに何を求めてきたか  共著 1999 鵜飼正樹 永井良和 藤本憲一編『戦後大衆文化論』
京都造形芸術大学
全285頁(分担:127-143)
■学術論文
小学校生活科・社会科における「観察」の内容 単著 2014 『奈良佐保短期大学紀要』21号 奈良佐保短期大学
保育者養成課程の学生による「保育者」カテゴリーの付与と引受 単著 2008 『奈良佐保短期大学紀要』15号 奈良佐保短期大学
男性保育士として仕事を続ける——在学生・卒業生・現役男性保育士のワークショップ 共著 2006 『奈良佐保短期大学紀要』13号 奈良佐保短期大学
女性保育士における専門性と女性性——主観的キャリアの分析から 単著 2006 『社会学論集』第13号 奈良女子大学社会学研究会
奈良県保育所における男性保育士の現状と課題 共著 2005 『奈良佐保短期大学紀要』12号 奈良佐保短期大学:51-61
男性保育士による低年齢児保育の困難 単著 2004 『保育士養成研究』第21号 全国保育士養成協議会:19-27
「保育者」言説の変遷——厚生労働白書の分析から 共著 2004 『奈良佐保短期大学紀要』11号 奈良佐保短期大学:17-29
男性保育者による「保育者」定義のシークエンス 単著 2004 『家族社会学研究』第16号(1)日本家族社会学会:41-51
女性保育者のライフコース 単著 2003 『社会学論集』第10号 奈良女子大学社会学研究会:103-125
「男性保育者」言説の変遷 単著 2003 『家族関係学』第22号 日本家政学会家族関係学部会:82-91
「男性保育者」の創出——男性の存在が職場の人間関係に及ぼす影響 単著 2002 『保育学研究』第40号2巻 日本保育学会:8-16
ライフコースとキャリアの関係 単著 2002 『社会学論集』第9号 奈良女子大学社会学研究会:75-91
女性職の男性参入に関する研究の再検討 単著 2001 『人間文化研究科年報』第16号 奈良女子大学人間文化研究科:177-188
男性保育者のライフコース——コーホート分析 単著 2001 『社会学論集』第8号 奈良女子大学社会学研究会:51-67
男性保育者のライフコース——キャリアの実態を通して 単著 2000 『社会学論集』第7号 奈良女子大学社会学研究会:67-78
性別職域分離とその統合——男性保育従事者の事例から 単著 1999 『社会学論集』第6号 奈良女子大学社会学研究会:285-296
■学会報告
「男性」と「保育者」のあいいれなさの論理構造 単著 2005 関西社会学会第56回大会(於大阪市立大学)
男性参入がもたらす二つの問題
「男性保育者は本当に必要か!?保育者と"男性"保育者の間で揺れる"男性保育者"たち」
ラウンドテーブル 2001 第54回日本保育学会(於尚絅女学院短期大学)
男性保育者にみる保育観の変容——ライフヒストリーの分析から 単独 2000 日本社会学会第73回大会(於広島国際学院大学)
男性保育従事者のキャリア形成 単独 1999 関西社会学会第50回大会(於関西大学)
男性保育者をめぐる「保育」認識とその実践——面接調査の分析から 共同 1999 全国保母養成協議会第38回研究大会(於就実短期大学)
■報告書
短期大学と地域の連携を基盤とする専門職養成に関する総合研究 共著 2008 文部科学省
私学高等教育研究助成 (学術研究高度化推進経費)
地域の子育て環境づくりに向けての保育者養成における可能性と将来展望に関する学際的研究 共著 2005 文部科学省
私学高等教育研究助成 (学術研究高度化推進経費)
■研究助成>
地方自治体の行財政改革と公共財配分の社会過程に関する経験的研究 共同研究 2009-2011 文部科学省科学研究助成
性別職域分離と離職の関連についての研究 共同研究 2009-2010  文部科学省私学高等教育研究助成(学術研究高度化推進経費)
首都圏女性ホワイトカラーの保育環境に関する考察 共同研究(研究代表者) 2009-2010 日本証券奨学財団
地方自治体の行財政改革と公共財配分の社会過程に関する経験的研究 共同研究 2009-2011 科学研究費補助金
短期大学と地域の連携を基盤とする専門職養成に関する総合研究 共同研究 2006-2008 文部科学省
私学高等教育研究助成 (学術研究高度化推進経費)
性別職域分離の維持と変容のメカニズムに関する社会学的研究 個人研究 2004-2007 科学研究費補助金
地域の子育て環境づくりに向けての保育者養成における可能性と将来展望に関する学際的研究  共同研究 2003-2005 文部科学省
私学高等教育研究助成 (学術研究高度化推進経費)
男性保育者のライフコース研究  個人研究 2000-2001 笹川科学研究助成

研究室紹介:資料でみる男性保育者

私がしている研究のひとつが,性別職域分離が発生している職業,すなわち,男女で偏りのある職業についての研究です.そのなかでも,とりわけ多く取り上げているのは保育士(過去は「保母」名称)や幼稚園教諭です. 今回,性別よって偏っている職業のうち,男性の比率が低い職業をとりあげ,人数や比率,年齢について,国勢調査の資料からその実態をみていきます.少しでもこれらの職業に興味をもっていただけましたら幸いです.

各職業の男女比率

各職業の男女比率(国勢調査を中田が加工)

  2010年国勢調査の結果から,職業別に男女比率と数をみていきましょう.比率をみると,男性の比率がもっとも少ないのが保育士,ついで栄養士,幼稚園教員となります.1985年から2010年までの国勢調査結果をみると,どの職業も人数的には上昇傾向にはあるようです.しかし男性の比率となると,職業によってばらつきがあることが分かります.

表2 各職業の男性増加状況(国勢調査結果を中田が加工)

表2 各職業の男性増加状況(国勢調査結果を中田が加工)

表3 各職業の男性比率推移(国勢調査結果を中田が加工)

表3 各職業の男性比率推移(国勢調査結果を中田が加工)


職業別にみた人数と男女比

職業別にみていきましょう.
「保育者」と呼ばれる,保育士,幼稚園教諭をみてください(表4,5).保育士は人数,比率ともに急激に上昇しています.他方,幼稚園教諭はそれほど増加はしておらず,一定の比率にとどまっています.そして,幼稚園教諭と同じ傾向が,栄養士にも見られます.保育所以外の社会福祉専門職に従事する者は減少傾向にあります.

表4 男性保育士数と比率(国勢調査結果を中田が加工)

表4 男性保育士数と比率(国勢調査結果を中田が加工)

表5 男性幼稚園教員数と比率(国勢調査結果を中田が加工)

表5 男性幼稚園教員数と比率(国勢調査結果を中田が加工)


表6 男性社会福祉専門職業従事者(保育所以外)の数と比率(国勢調査結果を中田が加工)

表6 男性社会福祉専門職業従事者(保育所以外)の数と比率(国勢調査結果を中田が加工)

表7 男性栄養士の数と比率(国勢調査結果を中田が加工)

表7 男性栄養士の数と比率(国勢調査結果を中田が加工)


各職業の年齢比

職業別に,どの年代の方が多いのかをみていきます. 「総数」をみると,20代が4割を占めるのは栄養士,幼稚園教員です.どの世代もいるバランスのよい職業は,保育士,社会福祉専門職業従事者,介護職員といえるでしょう.男女別にその比率をみると,年齢のバランスが性別によって異なる職業があることが分かります.男女差が大きいのは,保育士,幼稚園教員,介護職員,訪問介護従事者です.

表8 各職業の年齢比(国勢調査結果を中田が加工)

国勢調査結果からも様々な結果が分かったと思います.増加の状況,年齢比,地域の差などは,その職業の特徴を表しています.今後も,性別職域分離がどのようになるのか,注目していきたいと思います. ※参考 中田奈月,2011「男女幼稚園教員・保育士のライフコース」,小堀哲郎編『社会のなかの子どもと保育者』創成社.