大学についてABOUT COLLEGE

ホーム  >  大学について  >  教育研究案内  >  教員情報データベース

教員情報データベース

教育研究案内


生活未来科 食物栄養コース

池内 ますみ

教授 副学長 生活未来科長 修士

池内 ますみIkeuchi Masumi

MESSAGE

人間が生きていくためには食物がなくてはなりません。近年は、その食物をめぐってさまざまな問題が起こっています。私たちが健康に毎日を過ごせることは、すべての基本になることです。今の日本はなんでも食べられるのがあたりまえになっていますが、食物がどのようにして私たちの口に入るようになるのか、関心を持ってほしいと思います。また、健康管理の基本となる自分たちの食生活を大事にしてください。

専門分野 食品学、調理学
担当科目 食品科学、食品衛生学、調理学
趣 味 観劇、野球観戦
長 所 忍耐力があること
短 所 優柔不断
名称 単著
共著
発行年・発表年 雑誌名・学会名
■著書
新版 総合調理科学事典 共著 2006 光生館
生活環境学ライブラリー5 調理学概論 共著 2005 朝倉書店 p95-101
基礎からの食品・栄養学実験 共著 1998 建帛社 Ⅳ-5:p70-71 Ⅴ-4:p78-81 Ⅵ-1~5:p86-99 Ⅶ-4:p104-107 Ⅸ-4:p130-131
総合調理科学事典 共著 1997 光生館
■学術論文
和歌山県の米飯給食に関する研究 共著 2012 奈良佐保短期大学研究紀要第19号
産学連携によるきなこを用いた新商品の開発 共著 2012 奈良佐保短期大学研究紀要第19号
和歌山県内の学校給食献立における米飯給食とパン給食の比較研究 共著 2011 家政学研究(奈良)Vol.58 No.1
大和伝統野菜を用いたパウンドケーキの検討 共著 2010 奈良佐保短期大学研究紀要 第17号
魚介・肉料理を中心とした大学生家庭の食事実態 共著 2008 日本食育学会誌2巻2号
関西地区の家庭における煮物調理の実態調査 共著 2008 日本調理科学会誌 Vol.41 No.6 p383-389
大学生家庭における調味料の使用実態 共著 2008 家政学研究(奈良) Vol.54 No.2,p69-74
酢・酒の使用からみた大学生家庭の食生活 共著 2008 奈良佐保短期大学研究紀要 第15号p77
調理用熱源について ガスこんろとIHヒーターの比較 共著 2007 日本調理科学会誌
Vol.40No.2 p109-112
食物栄養専攻卒業生の実態調査から栄養士教育を考える 共著 2007 奈良佐保短期大学研究紀要 第14号 p55-61
煮ものにおける醤油の調理特性 共著 2005 日本調理科学会誌 Vol.38 No.2 p57-63
家庭料理における香辛料の使用実態 共著 2005 日本調理科学会誌 Vol.38 No.3 p45-51
関西の大学生家庭の家庭料理における香辛料の使用について 共著 2005 家政学研究(奈良)Vol.52 No1 p12-17
関西地区の女子学生家庭における煮る調理に関する実態調査 共著 2004 日本調理科学会誌 Vol.37 No.1 p71-76
大学生の魚介類嗜好と食生活 共著 2004 日本調理科学会誌 Vol.37 No.2 p84-92
食品群別摂取頻度調査法による栄養評価の検討 共著 2003 奈良佐保短期大学研究紀要 第10号 p37-44
幼児の食生活実態について 共著 2002 家政学研究(奈良)Vol.48 No.2 p85-90
幼児の健康と食生活に関する研究 共著 2001 帝塚山短期大学紀要 第38号 p103-114
幼児と母親の骨密度・体位・生活習慣に関する検討 共著 2000 帝塚山短期大学紀要 第37号 p158-169
短大生の食品摂取状況と食習慣に関する考察 共著 1999 家政学研究(奈良)Vol.45 No.2 p44-54
■その他
煮もの調味におけるうすくち醤油の調理特性 共著 2005 ヒガシマル醤油(株) 委託研究報告書
IH調理器によるおいしい煮物の調理法に関する研究 共著 2006 松下電器産業(株)松下ホームアプライアンス社 IHクッキングヒータービジネスユニット 委託研究報告書
台所の熱源は、『ガスこんろ』それとも『IHヒーター』? 共著 2006 IHヒーターとガスこんろの特性比較資料