大学についてABOUT COLLEGE

ホーム  >  大学について  >  教育研究案内  >  教員情報データベース

教員情報データベース

教育研究案内


地域こども学科 こども教育コース
地域こども学科 こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド
地域こども学科 こども保育コース/音楽・スポーツ・自然と遊び・心と発達フィールド

杉山 晋平

講師 修士

杉山 晋平Sugiyama Shimpei

MESSAGE

専門は、教育学です。異なる文化を培ってきた人・組織・実践が出会い、互いに交わり、時に衝突しながら生まれてくる可能性や変革力に注目し、学校現場をはじめ多様なフィールドでの実践研究に取り組んできました。キャンパスで学び合う仲間たち、そして、学内外で出会うたくさんの子どもたちや学校・幼稚園の先生たち、地域の素敵な方々の存在が、教職への道を切り拓く皆さんの学びを支えてくれます。その喜びをかみしめながら、教職を目指してともに歩んでいきましょう。

専門分野 教育学、学習論、多文化教育
担当科目 教育原理、カリキュラム論、教育方法の理論と実践
趣 味 料理、キャンプ、ドライブ
長 所 何事にも挑戦することを心がけています。
短 所 ついつい、熱くなりすぎるところがあります。
名称 単著・共著 発行年・発表年 雑誌名・学会名
■著書
『多文化社会日本の課題-多文化関係学からのアプローチ-』 共著 2011年9月 多文化関係学会編,明石書店,「第5章 外国人・帰国児童生徒に対する教育的支援のあり方」(138-157頁)を分担執筆.
■学術論文
「学校から仕事へ」の移行過程における水平的発達を支えるカリキュラムの可能性-定時制高校における教科横断・地域連携型プロジェクト学習の実践展開に着目して- 単著 2016年3月 奈良女子大学教育システム研究開発センター 『教育システム研究』第11号,81-96頁.
高大接続改革をめぐる課題とその実践的展望-高大連携ラウンドテーブル事業のあゆみをふりかえって- 単著 2016年2月 『福井大学高等教育推進センター年報』No.5,29-54頁.
言語的・文化的多様性を生きる学び-中国帰国者三世を中心とした表現活動の事例分析から- 単著 2015年12月 多文化関係学会『多文化関係学』No.12,89-103頁.
至民中学校の地域連携を支える「積み重ね」と「つながり」 単著 2015年4月 福井市至民中学校「実践記録 2014 学びと生活の向上~規範・学力・有用感の向上を目指して」,269-272頁.
公民館実践の質的評価を支える実践コミュニティ-福井大学における社会教育専門職のための研修プログラム『学び合うコミュニティを培う』- 共著 2012年10月 東洋館出版社,『<日本の社会教育第56集> 社会教育における評価』,225-237頁.
コミュニティ学習支援者の力量形成サイクルの実際 単著 2012年6月 福井大学教職大学院『教師教育研究』第5号,309-324頁.
非集住地域における外国人・帰国児童生徒の教育問題-札幌市を事例として- 共著 2012年3月 日本移民学会『移民研究年報』第18号,151-161頁.
高校中退の軌跡と構造-北海道都市部における32ケースの分析- 共著 2011年3月 北海道大学大学院教育学研究科『公教育システム研究』第10号,1-60頁.
言語的・文化的境界に生きる生徒たちの学び-日本語教室実践のエスノグラフィ- 単著 2010年3月 北海道教育学会編,『教育学の実践と研究』第5号,47-56頁.
言語的・文化的境界上に生きる青年たちの学び-「文化的多様性」をめぐる社会教育研究の課題- 単著 2007年3月 北海道大学大学院教育学研究科『社会教育研究』第25号,25-37頁.
探求のためのトランスクリプト-津守実践に対する協働トランスクリプト作成過程分析- 共著 2003年3月 『北海道大学大学院教育学研究科紀要』第89号,239-277頁.
■その他(研究助成等)
移行過程におけるニューカマーの若者たちの学習経験とその教育的支援の展開論理 代表 2012-2014年度 科学研究費助成事業(若手B)
高校教育から労働社会への移行過程を再編成する教育実践の展開論理 代表 2015-2017年度 科学研究費助成事業(若手B)
■その他(翻訳・報告書等)
市立札幌大通高等学校・札幌市立中央幼稚園 ミツバチ・プロジェクト実践報告書 2012-2014 No.1 共著 2015年4月 市立札幌大通高等学校,全18頁.
知識社会の学校と教師-不安定な時代における教育- 共訳 2015年2月 金子書房,原著:Teaching in the knowledge society: Education in the age of insecurity. (Andy Hargreaves, 2003) 第5章(190-233頁)を分担翻訳。
人口流出から還流へ-U・Iターンを地域の持続的な成長につなげるために- 共著 2013年4月 福井経済同友会事務局地域経営委員会,全48頁.
福井大学公開講座「学び合うコミュニティを培う」-公民館主事の力量形成と専門職学習コミュニティの形成- 共著 2011年11月 国土社,『月刊社会教育』No.674,26-33頁.
平成22年度市立札幌大通高等学校支援事業報告書 共著 2011年4月 札幌市教育委員会,全82頁.
平成21年度市立札幌大通高等学校支援事業報告書 共著 2010年4月 札幌市教育委員会,全67頁.
北アイルランドにおける子ども・家族・若者支援-移行支援実践調査報告書- 共著 2010年4月 北海道大学大学院教育学研究院,全50頁.
2008年社会教育研究の動向 共著 2009年6月 日本社会教育学会編,日本社会教育学会紀要第45号,120-129頁
2007年度国立大雪青少年交流の家調査研究事業「青少年の総合的な自立支援に関する調査研究」報告書 共著 2008年3月 独立行政法人国立青少年教育振興機構,11-30頁
■その他(学会発表等)
Horizontal nature of learning in "school-to-work" transition: A case study of project-based learning in a part-time high school. 共同 2015年9月 Paper presentation in International Association for Educational and Vocational Guidance, International Conference 2015.
Fractal Development of students learning, teacher education and cross-curricular program. 共同 2014年9月 Oral presentation in International Society for Cultural and Activity Research, 4th Congress.
Mediating communities in social inclusion interventions: learning in transition and the restructuring of self and identity. 共同 2011年9月 Paper presentation in International Society for Cultural and Activity Research, 3rd Congress.
Identity craftwork and transition between/across activities in immigrant students' life. 個人 2011年9月 Poster presentation in International Society for Cultural and Activity Research, 3rd Congress.
Learning of Chinese returnee students in organizing expression activities. 個人 2008年9月 Poster presentation in International Society for Cultural and Activity Research, 2nd Congress.
社会的包摂をめざすキャリア教育の可能性:札幌・ソウル・カルガリーの取り組みから考える 共同 2016年11月 日本キャリア教育学会第38回研究大会
学びとる:地域・学年・教科をこえたアクティブ・ラーニング 共同 2016年3月 NPO法人日本キャリア・カウンセリング研究会2016年度公開キャリア教育学習会
「新たな公共をつくる人」を育む 共同 2016年1月 ESDマルチステークホルダーダイアローグ2015「地域に必要なファクター3」
「地域が教育をつくる」 ラウンドテーブル 共同 2015年11月 2015年度北海道キャリア教育職業教育フォーラム
教育委員会と大学の連携と協働の意味を再考する 個人 2013年6月 日本社会教育学会六月集会ラウンドテーブル「学び合うコミュニティを培う職員の研修」話題提供
教育におけるアクション・リサーチのための実践コミュニティの意義を問う-分野を超えた実践者と研究者の協働による授業研究- 共同 2012年11月 日本教育心理学会第54回総会自主企画シンポジウム
コミュニティ学習支援者の力量形成サイクルの展開論理 共同 2012年10月 日本社会教育学会第59回研究大会自由研究発表
労働の場を媒介する専門職学習共同体-福井大学教職大学院の取り組み- 個人 2012年9月 日本社会教育学会プロジェクト研究「労働の場のエンパワメント」定例研究会
当事者の主体性を保障する支援実践とその持続的・縦断的展開に向けて 個人 2012年2月 第7回社会的ひきこもり支援者全国実践交流会第2分科会「不登校からひきこもりにつながらない支援のあり方」
福井大学教職大学院の教師教育改革 個人 2011年10月 日本臨床教育学会第1回研究大会課題研究Ⅳ「学校・教師の問題,教育実践と教師」
高校中退のプロセスとその後の軌跡-北海道都市部のケース分析から- 共同 2011年8月 日本教育学会第70回大会テーマ型研究発表B-6「若者の移行過程変容と学校」
最近接発達領域の協働的創造の論理-連携型若者支援実践を事例に- 共同 2010年9月 日本社会教育学会第57回研究大会自由研究発表
移行支援コミュニティとしての学校像の探究-コミュニティ・エンパワメントの視点から- 共同 2010年8月 日本教育学会第69回大会テーマ型研究発表B−6「若者の移行過程変容と学校」
異言語・異文化間環境を生きる若者たちの学びを“再-媒介”する教育-札幌市の高校の取り組みに着目して- 共同 2010年6月 日本移民学会第20回年次大会自由研究発表
若者支援と高校教育の連携実践とその課題-公立定時制高校のフィールドリサーチを通して- 個人 2009年6月 日本社会教育学会第33回東北・北海道研究集会自由研究発表
青少年教育施設と若者支援ネットワーク 共同 2009年3月 北海道教育学会第53回研究発表大会自由研究発表
文化・言語間移動と青年期の学習をめぐる一考察-文化的アイデンティティの形成という観点から- 個人 2008年6月 日本社会教育学会第32回東北・北海道研究集会自由研究発表
表現活動の組織化と中国帰国青年の学び-ラーニングショップ時光の実践分析- 個人 2007年9月 日本社会教育学会第54回研究大会自由研究発表
活動理論における人格発達論の再検討-<ひとが変わる>という次元の変化をいかに記述するか- 個人 2007年6月 日本社会教育学会第31回東北・北海道研究集会自由研究発表
年少者日本語教室における表現実践とアイデンティティ形成-活動の<対象-動機>の展開過程に注目して- 個人 2006年9月 日本社会教育学会第53回研究大会自由研究発表
年少者を対象にしたボランティア日本語教室における『学び』の生成過程 個人 2006年6月 日本社会教育学会第30回東北・北海道研究集会自由研究発表
集団ごっこ遊びの展開過程-Collaborative Internalization- 個人 2003年9月 日本心理学会第67回大会ポスター発表