就職・資格についてCAREER

ホーム  >  就職・資格について  >  資格  >  興味のある分野別の資格

興味のある分野別の資格

資格


表はスライドしてご覧ください。

概要

介護福祉士

介護福祉士は、高齢者や障がい者が生きがいをもって生活できるように、命と生活、そして人生を支えていく仕事です。
高齢者や障がい者のお一人おひとりが、自分らしく、よりよく生活ができるように援助していきます。
・特別養護老人ホームや介護老人保健施設、障がい者施設などで、高齢者や障がいのある方の日常生活援助を行います。
・在宅生活を送っている高齢者や障がいのある方の日常生活援助を行います。
・笑顔と楽しみのある生活をサポートするために、レクリエーション活動を行います。
・介護をしている家族などの相談を受けたり、介護の方法を指導します。
本学生活福祉コースで必要な単位を修得すれば、国家試験受験資格が得られ、卒業時に国家試験を受験することができます。

社会福祉士(受験資格)

こども、障がい児(者)、高齢者、貧困者のために、さまざまな社会福祉施設で相談業務や生活援助に携わったり、公務員として、福祉事務所、児童相談所などの行政機関で相談援助業務を行ったりします。
また、病院や保健所など医療機関で、患者と家族の心理・経済面の問題解決を行う医療ソーシャルワーカーとして働いたり、社会福祉協議会の職員として、地域の人々と一緒に活動するコミュニティワーカーとして働いたりします。
本学では下記のいずれかのコース・フィールドで必要な単位を修得後、相談援助実務を2年経験することで受験資格が得られます。
<生活未来科生活福祉コース>
・「ソーシャルワーク・フィールド」を選択し、必要な単位を修得する。
・「ケアワーク・フィールド」を修了後、卒業を1年延期して必要な単位を修得する。
<地域こども学科こども保育コース>
・「保育ソーシャルワークフィールド」を選択し、必要な単位を修得する。

介護職員初任者研修

介護に携わる者として、基礎的な知識や技術をもち、支援する際の考え方のプロセスを身につけ介護業務を行うことができるようになるための資格です
自身では日常生活を送るのが困難な高齢者や身体障害者に対し、入浴、食事、排泄などの身体介護や、掃除、洗濯、買い物、調理などの生活援助といった日常生活全般の援助を行います。
特別養護老人ホーム、老人保健施設等の介護福祉施設や訪問介護事業所で働くことができます。
また家庭内での介護にも活かせる知識として講座を受講し、資格を取得する人も増えています。

介護保険事務士

介護給付請求事務に関する基本的なルールと知識を身につけ、介護施設などでの仕事に活かす事ができる資格です。
介護保険制度において、ケアマネジャーをサポートし情報の円滑化を図ることは重要な仕事です。
利用者に正しい情報を提供し、安心してサービスを利用できるようにするため、月々の給付の管理は重要になります。
介護保険制度を学び実際の給付管理を知ることは、福祉を学ぶ学生にとって、制度全体を理解する機会にもなります。

社会福祉主事任用資格

社会福祉の行政機関となる福祉事務所で、家庭訪問や面接、生活指導などの仕事をする職員として任用されるために必要な資格です。現在は、生活保護をはじめ、児童や障がい者、高齢者など幅広い分野で相談援助を必要とする人々が増えています。そのため、民間の高齢者施設やデイサービスなどでも、相談員として働く場合に、社会福祉主事任用資格の有資格者であることが求められることもあります。

栄養士

子どもから高齢者、障害者にいたるまで、すべての人に対して健康をまもる上で必要な食生活の実践のために活躍できます。
・幼稚園・保育所・学校などで、園児・児童の栄養管理・食教育を行います
・病気の治療・合併症の予防をめざして、患者さんの栄養管理・栄養指導を行います
・特別養護老人ホームなどで、高齢者への栄養指導・食生活指導を行います
・大学や研究機関、食品会社などで、栄養・食品に関する調査・研究を行います
本学生活未来科食物栄養コースで必要な単位を修得すれば、卒業と同時に取得できます。
さらに3年の実務を経験すれば、管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。

フードスペシャリスト

食品の安全性、フードコーディネートなど時代に対応した食品産業の実学を学び、食品の開発・流通・外食などの分野で活躍するための資格です。
消費者サイドに立った流通・消費の分野での「食」の専門職として誕生した資格で、レストランや食品会社などで活躍が期待されています。
本学生活未来科食物栄養コースで栄養士の免許取得に必要な科目に加え、「フードコーディネート論」や「食品の官能評価・鑑別演習」などの科目を履修して、認定試験に合格すると、資格が得られます。

介護食士3級

介護に携わる者の調理技術を向上させる目的で設けられた認定資格です。
どなたにも「食」は命の糧であり楽しみでもあります。特に、要介護者にとって介護食は、生きていくためになくてはならないものです。
介護食に関する知識は、介護福祉士や栄養士、調理師、介護に携わる者にとって重要です。
介護食を必要としている方々と食や食文化を通しての関わり、心身ともに健康を支えます。
高齢者・障がい者の食事について、講義と調理実習で重点的に学びます。
提携校でプログラムを受講し、試験に合格すれば資格が得られます。

食の6次産業化プロデューサー

国家認定制度のひとつで、食の6次産業化を担う人材の認定・育成を目的にしています。
食材の生産(1次産業)、加工(2次産業)、流通・販売サービス(3次産業)の一体化や連携により、食分野での新たなビジネスを創出するための職能レベルを認定するキャリア段位制度です。
「食農ビジネス」「食育実践演習」「食品加工実習」など指定の6科目を履修して、申請すればレベル1の資格を得られます。

ビジネス実務士

ビジネス実務士とは、ビジネスの実務能力、プレゼンテーション、会社の組織や情報の流れなどに関しての知識や技能を認定する資格です。
全国大学実務教育協会が認定する資格で、マーケティングや情報処理、経済学・社会学、アカウンティングなど、ビジネス現場で求められる幅広い実務能力、組織や情報の活用能力を評価します。
ビジネス実務士の資格を取得するには、本学が指定する必修科目および選択科目を履修して単位を取得すれば、大学を通じて「ビジネス実務士」の資格を申請することになります。

秘書士

秘書士は、職業人としての基礎的な実務能力を備えた上で、上司とのペアーワークを中心とした秘書の仕事を理解し、情報業務、対人業務スキルを修得し、オフィスワークを総合的にサポートすることができる能力を全国大学事務教育協会が認定する資格です。
秘書士の資格を取得するには、本学が指定する必修科目および選択科目を履修して単位を取得すれば、大学を通じて「秘書士」の資格を申請することになります。

情報処理士

職業人としての基礎的な実務能力を備えた上で、ソフトウェア操作スキル、基本的なビジネスデータ処理など、実務に情報処理できる能力を認定する資格です。
全国大学実務教育協会が指定するビジネス・情報処理関連の科目を履修することで取得できます。
「情報処理技術の基礎を身につける」「ビジネスで活用されるソフトウェア技能の基礎を身につける」「プレゼンテーション能力の基本を身につける」「オフィスの組織や情報の流れを理解する」の4点が、資格取得の目的となっていて、大学を通じて「情報処理士」の資格を申請することになります。

ジョブパス(ビジネス能力検定)

ジョブパス(旧ビジネス能力検定・B検)とは、現代の職業社会が必要とするビジネス能力を、どの程度備えているかを客観的基準で評価する技能審査です。

サービス接遇検定

サービス接遇検定とは、財団法人実務技能検定協会が主催する検定試験で、サービス業務に対する心構え、対人心理の理解、応対の技術、話し方、態度・振舞いなどが審査されます。
実務の現場に入る前にサービス精神と技術を身につけておくことは非常に重要なことです。
サービス接遇検定は、サービススタッフの資質・専門知識・一般知識・対人技能・実務技能の点からサービスマインドを理解しているかを試す試験を受験することになります。

日商PC検定

職業人として、パソコン操作の基本技術として、ビジネス文書の作成やデータの処理分析の能力は不可欠です。
パソコン操作の基本だけではなくパソコンを使って効率的に仕事をこなす能力も身につく資格です。
職場では、パソコンを活用してネットワークを使いこなし、大量データの情報収集・発信の力も必要とされます。
Microsoft Office Word を活用する「文書作成」とMicrosoft Office Excel を活用する「データ活用」は、検定対策授業があり、本学で受験できます。

日商簿記検定

簿記は、企業の大きさや業種に関わらず、経営活動を記録・計算・整理して経営状況や実績を明らかにする技能です。簿記を理解することにより、企業の経理実務に必要な知識だけではなく、財務諸表を読む力や経営管理や分析力が身に付きます。

カラーコーディネーター

色に関する知識や技能を理論的・系統的に学び、色彩の実践的活用能力を身につけたことが証明されます。
デザインの基礎として、インテリア・ファッションの分野から、販売・企画・事務といった一般的な職種まで、モノを創造するための基礎になる資格です。
色彩に関する知識を身につけ、ファッション、インテリア、食卓、街づくりなどにおいて色彩の効果を考え、演出するための提案やアドバイスをします。
資格は、東京商工会議所『カラーコーディネーター検定試験®』試験に合格すれば得られます。

ピアヘルパー

ピアヘルパーは、「仲間(ピア)」と「助ける人(ヘルパー)」を意味し、青年や学生なら誰でも遭遇する問題の相談相手になったり、サークルなどのグループの世話役になったりするための、学生を対象とした認定資格です。教育カウンセラーなどの専門家に協力して活動したり、教師、保育士、ホームヘルパーなど人間関係を主とする職業に役立てたりすることができます。
本学が指定する単位を修得後、資格試験に合格することで認定証が交付されます。

医事実務士

医事実務士は、医療実務の業務を行うために必要なスキルおよび知識の修得を日本医療福祉事務教育協会が認定する資格です。患者と医療従事者との間で、情報の伝達や書類の作成などの実務ができるように学びます。本学の指定する科目の単位を取得すれば、大学を通じて「医事実務士」の資格を申請することになります。

認定エステティシャン

ミス・パリエステティシャン専門学校で『認定エステティシャン』通信講座を本学学生が受講することができます。自宅学習と春休みまたは夏休みを利用したスクーリングで、フェイシャルケア・ボディケアに必要な技術や、実践で役に立つ接客マナーを学び、認定エステティシャンの資格を取得します。

小学校教諭二種免許

小学校教諭として、児童に各教科を教えるとともに、学校生活全般について指導したり、補助教員として低学年の指導を担当します。公務員試験の受験の際に小学校教諭の免許状が必要な政令指定都市などで、保育者として働きます。

幼稚園教諭二種免許

幼稚園教諭として、幼稚園で3歳から5歳の子どもたちの人間形成に携わります。
幼稚園のほか、幼児体育のインストラクターや、幼児教育の専門家として、企業で働きます。
本学地域こども学科で必要な単位を修得すれば、卒業と同時に取得できます。

保育士

0~18歳までのこどもを対象に発達に応じた援助や指導を行う資格です。
保育所で0歳から6歳のこどもの成長発達に携わったり、児童福祉施設で18歳までのこどもの援助者として携わります。
保育所のほか、乳児院や児童養護施設、障害児施設などの児童福祉施設、子育て支援センター、認定こども園などで働きます。
本学地域こども学科で必要な単位を修得すれば、卒業と同時に取得できます。

認定ベビーシッター

在宅保育サービスとして主に在宅での保育をおこないます。また施設(集団)保育のプロである“保育士”資格と、個別(在宅)保育のプロである“ベビーシッター”の資格を併せ持った保育士が誕生し、各現場で活躍しています。

児童厚生二級指導員

児童館や児童クラブ(学童保育)で働き、遊びや生活を通じて、児童の健全な心身発達を支援する資格です。
児童館・児童クラブの機能と活動内容について理解するとともに、修得した児童健全育成活動の基礎的な知識・技術を用いて、遊びや生活を通した児童の健全な心身発達を直接的に支援する人材です。

日本語能力試験N2

日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができるレベルです。

日本語能力試験N3

日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができるレベルです。