入試について

ホーム  >  入試について  >  入試ガイド  >  Q&A

入試について

公募制推薦入試・一般入試の「専願」と「併願」について教えてください。

「専願」とは合格したら必ず本学に入学する意思があることです。
専願で受験すれば、10点の加点があります。
「併願」で出願した場合も、受験時に「専願」に変更することができます。

面接試験について教えてください。

個人面接です。
教育理念に「自己と他者を尊重する人」と掲げているとおり、他者と良好な関係を築くことを重視しています。
そのため、面接試験においても、コミュニケーション能力を評価します。
緊張しないで、自分の考えをありのままに表現してください。

公募制推薦入試の作文にはどんなことを書けばよいのですか。

身近な内容の課題を出しますので、800字程度で自分の考えをまとめてください。
主に論理性や国語表現力を評価します。

体験型AO入試や面談型AO入試の面談について教えてください。

事前面談ではあなたの希望資格や学びたい内容が本学の教育内容と一致しているかなどについて、志望学科の教員と話し合います。
面談の中で課題が出されることもあります。
また、学生生活や学習内容など、なんでも尋ねてください。

課外活動評価入試の作文にはどんなことを書けばよいのですか。

高等学校での部活動または生徒会等においてあなたが頑張ってきたことを書いてください。

地域こども学科を受験したいのですが、ピアノが弾けないと受験できませんか。

ピアノの実技試験はありません。入学後に「バイエル教則本」と初級用ピアノ曲集を使い指導します。 幼稚園や保育所に就職するには、「ブルグミュラー」や「ソナチネ」といったさらに上のレベルの曲は弾けることを求められます。 なるべく入学前の早くから練習しておいてください。
希望者には入学前ピアノ講習を無料で実施します。詳しくは合格後にお知らせします。

経費について

授業料以外に入学後に必要な費用について教えてください。

授業を受けるには教科書代、ユニフォーム代等が必要になります。
寄付金・学債等はありませんが、後援会会費として年額 24,000円、卒業準備金30,000円、学友会費3,000円が必要です。
見学・学外実習の費用は、2年間でおおむね次のとおりです。

  生活未来科 生活福祉コース 介護福祉士                     約 89,000円
                   食物栄養コース 栄養士               約 70,000円
                    ビジネスキャリアコース インターンシップ 約 30,000円
  地域こども学科 小学校教諭・幼稚園教諭 約 53,000円
                         幼稚園教諭           約 33,000円
                         保育士               約 48,000円
                        社会福祉士受験資格   約 42,000円
  
 その他の資格を取得するためには登録料等の費用がかかることがあります。

 

奨学金制度について教えてください。

日本学生支援機構奨学金や各種団体の修学資金制度のほかに、本学独自の奨学制度や優遇制度・支援制度があります。

各都道府県の介護福祉士や保育士の修学資金貸付制度について教えてください。

介護福祉士については、厚生労働省大臣が指定した介護福祉士養成施設に在学し、将来、介護福祉士業務に従事しようとする人に、月額50,000円(最長2年間)と入学準備金200,000円、就職準備金200,000円が貸与される制度です。平成29年度以降の卒業見込み者について国家試験受験対策費用として年40,000円を貸付ける加算メニューが創設されました。卒業後1年以内に貸付けを受けた都道府県内で就職し以後継続して、5年間(県が認める過疎地域では3年間)介護福祉士等の業務に従事すれば、全額返還免除されます。
保育士については、都道府県によって修学資金制度がある場合もありますので、最寄の社会福祉協議会にお問い合わせください。
※国の政策により、変更される場合があります。
また、民間の団体が実施している奨学制度もあります。詳しくは、入試・広報センターまでお問い合わせください。
内容は都道府県によって異なるので、最寄の社会福祉協議会にお問い合わせください。

学生生活について

授業期間と授業時間について教えてください。

前期の授業期間は4月から8月初め、後期授業は9月中旬から2月初めまでです。
授業がない期間も学外実習や補充授業、追・再試験があります。
授業時間は、 基本的には90分で、9:10から16:10まで、1日4時限あります。
(学科・コースによっては、補講等により5限目、6限目になる場合もあります。)
時間割は、科目の選択の仕方によって個人ごとに異なります。

自動車・バイク等での通学はできますか。

申請を行い許可された場合、自動車やバイクでの通学が可能となります。
(自動車の場合は、駐車場管理費が必要となります。)
自動車、バイク通学者は学内で行われる交通安全講習会への参加が義務付けられています。
詳細は学生支援センターへお問い合わせください。

学生寮はありますか。

本学に学生寮はありません。自宅から通学できない場合は、大学周辺のマンションを取り扱っている不動産会社を紹介します。
学生支援センターへお問い合わせください。

社会人も入学していますか。

本学の入試制度には社会人入試などがあり、毎年入学しています。
また、奈良県の委託事業により社会人を受け入れることもあります。

本学へ入学する前に他大学で修得した単位は認定されますか。

出身の大学・短期大学の成績・単位証明書・シラバスをもとに審査し、本学の科目に該当するものについて単位を認定します。

進路について

就職するためのサポートはどのようなものですか。

就職希望者に対する求人倍率は10倍以上あり、内定率はほぼ100%で、そのうち80%以上が取得した資格を活かした職についています。
就職活動に役立つ科目も開講し、キャリア支援センターでは個人に丁寧にきめ細やかく相談を行い、内定獲得までサポートしています。
日々のまじめな努力と積極的な気持ちがあれば、夢はかないます。

四年制大学への編入の状況について教えてください。

本学での勉学を基礎にして、より深く学びたい学生が関連の学部へ編入しています。
四年制大学と本学の間で連携・交流協定を結び、編入時の入学金が免除される大学もあります。
多数の四年制大学が本学を指定校として編入学を受け入れています。
編入学試験に向け、 個別に英語・専門知識・小論文・面接などの指導をしています。