学科・コース

ホーム  >  学科・コース  >  生活未来科  >  生活福祉コース

生活福祉コース


生活福祉コース 概要

生活未来学科/生活福祉コースキミの優しさを「チカラ」にかえる。

 生活福祉コースでは、「体も心」も支える介護のプロ「介護福祉士」と相談のプロ「社会福祉士」を養成しています。
 福祉職は、利用者の生活を支援します。その人らしい「生活」とは?心に寄り添う「かかわり」とは?と自分に問いかけながら、安心して任せていただけるように支援する力を養います。人間性を豊かにする基礎教養科目、対人援助職として基礎となるコミュニケーションの基本や相談援助演習、医療的ケアや福祉制度等、生活支援に必要な専門科目を学び、福祉に関する豊かな人間性を育みます。

コースの特徴

プロを育てる充実した施設・設備

対象となる方の生活を支えるために、より実践的な技術習得ができる演習設備を整えています。
演習で介護する人・される人の体験を通して、利用者の気持ちを学びます。

実践的に学べる相談援助の理論と技術

相談援助に必要な知識はもちろん、現実に起こる場面を想定して学生同士で役を演じ、疑似体験をします。
その体験を通じて、対象の方へ適切な対応ができる力を養います。

「実践力」を養う学外での施設実習

授業で学んだ知識や理論、支援技術の原理原則をもとに、実際の現場で実践します。
対象者との出会いを通じ、机上では学べない実体験を積み重ね、基礎力を応用力に発展させることができます。

プラス1年で、 ダブル取得もめざせます!

奈良佐保短期大学では、通常の2年の教育課程を学んだ後に、さらに1年学ぶことで、『介護福祉士』と『社会福祉士受験資格』の2つの資格を取得できます。
2本の柱を据えることで、多様な利用者ニーズに対応できる人材になることができます。

めざす資格

  • 介護福祉士(国家資格)

     介護福祉の専門職。「社会福祉士及び介護福祉士法」という法律に基づいて「介護福祉士」の名称を用いることが認められている介護のプロ。介護福祉士は、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある方の心身の状況に応じた介護を行い、その方の介護者に対して介護に関する指導や助言を行います。介護福祉士として向き合う人々に寄り添い、その人らしい生活、命を支える仕事をします。介護老人福祉施設や介護老人保健施設など、また障がい者施設、重症心身障害児者施設や、訪問介護やデイサービス、デイケア等居宅支援の分野で活躍することができます。
     なお、資格取得方法の変更により、卒業時に国家試験受験が必要になります。

  • 社会福祉士(国家資格)受験資格

     社会福祉士は、人々の日常の暮しのなかで生じる問題や、福祉分野での相談業務にあたるソーシャルワーカーとも言われている資格。「社会福祉士及び介護福祉士法」という法律に基づいて名称独占の国家資格「社会福祉士」を名乗ることができます。社会福祉士は、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある方々の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行います。生活福祉コースで「ソーシャルワーク・フィールド」を選択するか、「ケアワーク・フィールド」で介護福祉士2年課程を修了後に1年、卒業を延期して必要な単位を修得します。卒業後に実務経験を積み、2年目に受験することができます。

  • 社会福祉主事任用資格

     社会福祉施設の生活指導員、施設長、または、行政の福祉事務所や各種相談所の職員と現になったときに任用される資格です。社会福祉各法に定める援護又は更生の措置に関する事務を行うために、福祉事務所には必置義務があります(福祉事務所のない町村には任意設置)。高齢者の割合の増加から分かるように、高齢者や障がい者や児童の分野においても福祉サービスの利用者は増えています。実際のケアに当たることと同様に、相談業務や事務の量も増えます。福祉事務所の現業員、査察指導員、老人福祉指導主事、家庭児童福祉主事、家庭相談員、母子相談員。各種相談所にあっては、知的障害者福祉司、身体障害者福祉司、児童福祉司といった職種があります。

  • ピアヘルパー

     ピアとは、「仲間」を意味しています。「ピアヘルパー」とは直訳すれば「仲間を助ける人」という意味です。相談したいと現れた人や、交流するグループ活動で相談相手として求められたときに応じられることを目的として学習したあとに与えられる資格です。主な活動分野は、メンタルフレンド、教育、福祉ボランティアなどの活動や介護関連、人間関係を主とする職業、教師、保育士等との関連したところです。また、自分自身にとってのメリットとして、 自己理解や他者理解が深まる、 適切な自己開示・自己主張ができるようになり、自己肯定感が向上する、周囲と協調し、必要に応じてリーダーシップを発揮できる能力が向上するといったことが上げられます。

  • 介護食士

     介護に携わる者の調理技術を向上させる目的で設けられた認定資格です。どなたにも「食」は命の糧であり楽しみでもあります。特に、要介護者にとって介護食は、生きていくためになくてはならないものです。介護食に関する知識は、介護福祉士や栄養士、調理師、介護に携わる者にとって重要です。介護食を必要としている方々との食や食文化を通しての関わりから、心身ともに健康を支えます。介護食士は、要介護者向けの食事が提供できる専門知識を学んだ人に与えられる資格です。

  • 介護保険事務士

     介護保険制度において、ケアマネジャーをサポートし情報の円滑化を図ることは重要な仕事です。利用者に正しい情報を提供し、安心してサービスを利用できるようにするため、月々の給付の管理は重要になります。介護保険制度を学び実際の給付管理を知ることは、制度全体を理解する機会にもなります。福祉を学ぶ学生にとって、関連して取得できる資格です。

  • 介護職員初任者研修修了者

     介護に携わる者として、最低限の知識や技術をもち、支援する際の考え方のプロセスを身につけ基本的な介護業務を行うことができるようになるための資格です(今までのホームヘルパー2級資格に相当する内容です)。職務の倫理や自立支援、こころとからだのしくみや生活支援技術等130時間かけて修得します。

卒業後の進路イメージ

  • 生活を創造する『介護のプロ』になりたい!

    ●ケアワークフィールド●
    多種多様な介護ニーズに対応できるよう、実際の介護現場を想定した環境で、科学的根拠に基づいた技術を身につけます。また学外施設実習では、授業で学んだ知識や技術を応用しながら実践力を養い、“質の高い介護福祉士”をめざします。

  • 地域に密着した『相談援助のプロ』になりたい!

    ●ソーシャルワークフィールド●
    介護に必要な知識や技術をベースに、相談援助職の基盤となる社会福祉制度やサービスに関する知識を身につけます。さらに「相談援助演習」や「相談援助実習」などで、多彩な相談アプローチの技術を習得し、今後の高齢社会に求められる「社会福祉士」をめざします。