学科・コースDEPARTMENT

ホーム  >  学科・コース  >   生活未来科   >  生活福祉コース

生活福祉コース

生活未来科


生活福祉コース 概要

生活未来科/生活福祉コースキミの優しさを「チカラ」にかえる。

 生活福祉コースでは、「体も心」も支える介護のプロ「介護福祉士」と相談のプロ「社会福祉士」を養成しています。
 福祉職は、利用者の生活を支援します。その人らしい「生活」とは?心に寄り添う「かかわり」とは?と自分に問いかけながら、安心して任せていただけるように支援する力を養います。人間性を豊かにする基礎教養科目、対人援助職として基礎となるコミュニケーションの基本や相談援助演習、医療的ケアや福祉制度等、生活支援に必要な専門科目を学び、福祉に関する豊かな人間性を育みます。

コースの特徴

プロを育てる充実した施設・設備

対象となる方の生活を支えるために、より実践的な技術習得ができる演習設備を整えています。
演習で介護する人・される人の体験を通して、利用者の気持ちを学びます。

実践的に学べる相談援助の理論と技術

相談援助に必要な知識はもちろん、現実に起こる場面を想定して学生同士で役を演じ、疑似体験をします。
その体験を通じて、対象の方へ適切な対応ができる力を養います。

「実践力」を養う学外での施設実習

授業で学んだ知識や理論、支援技術の原理原則をもとに、実際の現場で実践します。
対象者との出会いを通じ、机上では学べない実体験を積み重ね、基礎力を応用力に発展させることができます。

プラス1年で、 ダブル取得もめざせます!

奈良佐保短期大学では、通常の2年の教育課程を学んだ後に、さらに1年学ぶことで、『介護福祉士』と『社会福祉士受験資格』の2つの資格を取得できます。
2本の柱を据えることで、多様な利用者ニーズに対応できる人材になることができます。

取得できる資格

  • 介護福祉士

    介護福祉士は、高齢者や障がい者が生きがいをもって生活できるように、命と生活、そして人生を支えていく仕事です。
    高齢者や障がい者のお一人おひとりが、自分らしく、よりよく生活ができるように援助していきます。
    ・特別養護老人ホームや介護老人保健施設、障がい者施設などで、高齢者や障がいのある方の日常生活援助を行います。
    ・在宅生活を送っている高齢者や障がいのある方の日常生活援助を行います。
    ・笑顔と楽しみのある生活をサポートするために、レクリエーション活動を行います。
    ・介護をしている家族などの相談を受けたり、介護の方法を指導します。
    本学生活福祉コースで必要な単位を修得すれば、国家試験受験資格が得られ、卒業時に国家試験を受験することができます。

  • 社会福祉士(受験資格)

    こども、障がい児(者)、高齢者、貧困者のために、さまざまな社会福祉施設で相談業務や生活援助に携わったり、公務員として、福祉事務所、児童相談所などの行政機関で相談援助業務を行ったりします。
    また、病院や保健所など医療機関で、患者と家族の心理・経済面の問題解決を行う医療ソーシャルワーカーとして働いたり、社会福祉協議会の職員として、地域の人々と一緒に活動するコミュニティワーカーとして働いたりします。
    本学では下記のいずれかのコース・フィールドで必要な単位を修得後、相談援助実務を2年経験することで受験資格が得られます。
    <生活未来科生活福祉コース>
    ・「ソーシャルワーク・フィールド」を選択し、必要な単位を修得する。
    ・「ケアワーク・フィールド」を修了後、卒業を1年延期して必要な単位を修得する。
    <地域こども学科こども保育コース>
    ・「保育ソーシャルワークフィールド」を選択し、必要な単位を修得する。

  • 介護職員初任者研修

    介護に携わる者として、基礎的な知識や技術をもち、支援する際の考え方のプロセスを身につけ介護業務を行うことができるようになるための資格です
    自身では日常生活を送るのが困難な高齢者や身体障害者に対し、入浴、食事、排泄などの身体介護や、掃除、洗濯、買い物、調理などの生活援助といった日常生活全般の援助を行います。
    特別養護老人ホーム、老人保健施設等の介護福祉施設や訪問介護事業所で働くことができます。
    また家庭内での介護にも活かせる知識として講座を受講し、資格を取得する人も増えています。

  • 介護保険事務士

    介護給付請求事務に関する基本的なルールと知識を身につけ、介護施設などでの仕事に活かす事ができる資格です。
    介護保険制度において、ケアマネジャーをサポートし情報の円滑化を図ることは重要な仕事です。
    利用者に正しい情報を提供し、安心してサービスを利用できるようにするため、月々の給付の管理は重要になります。
    介護保険制度を学び実際の給付管理を知ることは、福祉を学ぶ学生にとって、制度全体を理解する機会にもなります。

  • 社会福祉主事任用資格

    社会福祉の行政機関となる福祉事務所で、家庭訪問や面接、生活指導などの仕事をする職員として任用されるために必要な資格です。現在は、生活保護をはじめ、児童や障がい者、高齢者など幅広い分野で相談援助を必要とする人々が増えています。そのため、民間の高齢者施設やデイサービスなどでも、相談員として働く場合に、社会福祉主事任用資格の有資格者であることが求められることもあります。

  • 介護食士3級

    介護に携わる者の調理技術を向上させる目的で設けられた認定資格です。
    どなたにも「食」は命の糧であり楽しみでもあります。特に、要介護者にとって介護食は、生きていくためになくてはならないものです。
    介護食に関する知識は、介護福祉士や栄養士、調理師、介護に携わる者にとって重要です。
    介護食を必要としている方々と食や食文化を通しての関わり、心身ともに健康を支えます。
    高齢者・障がい者の食事について、講義と調理実習で重点的に学びます。
    提携校でプログラムを受講し、試験に合格すれば資格が得られます。

  • ピアヘルパー

    ピアヘルパーは、「仲間(ピア)」と「助ける人(ヘルパー)」を意味し、青年や学生なら誰でも遭遇する問題の相談相手になったり、サークルなどのグループの世話役になったりするための、学生を対象とした認定資格です。教育カウンセラーなどの専門家に協力して活動したり、教師、保育士、ホームヘルパーなど人間関係を主とする職業に役立てたりすることができます。
    本学が指定する単位を修得後、資格試験に合格することで認定証が交付されます。

卒業後の進路イメージ

  • 生活を創造する『介護のプロ』になりたい!

    ●ケアワークフィールド●
    多種多様な介護ニーズに対応できるよう、実際の介護現場を想定した環境で、科学的根拠に基づいた技術を身につけます。また学外施設実習では、授業で学んだ知識や技術を応用しながら実践力を養い、“質の高い介護福祉士”をめざします。

  • 地域に密着した『相談援助のプロ』になりたい!

    ●ソーシャルワークフィールド●
    介護に必要な知識や技術をベースに、相談援助職の基盤となる社会福祉制度やサービスに関する知識を身につけます。さらに「相談援助演習」や「相談援助実習」などで、多彩な相談アプローチの技術を習得し、今後の高齢社会に求められる「社会福祉士」をめざします。