学科・コースDEPARTMENT

ホーム  >  学科・コース  >   地域こども学科   >  こども保育コース/音楽・ピアノ・スポーツ・自然と遊び・心と発達フィールド

こども保育コース/音楽・ピアノ・スポーツ・自然と遊び・心と発達フィールド

地域こども学科


こども保育コース/音楽・ピアノ・スポーツ・自然と遊び・心と発達フィールド

こども保育コース/音楽・ピアノ・スポーツ・自然と遊び・心と発達フィールド

特技や趣味を生かすフィールド制を導入、優先的にフィールド科目を選択するカリキュラムで、得意分野に強い幼稚園教諭や保育士を目指します。

コースの特徴

充実した実習指導と多彩な現場体験

マンツーマンでの実習指導や実習前後の面談など、確かな保育観が身につくカリキュラムを用意。近隣保育園や子育て支援センターでの実践活動なども積極的に行っているため、保育実践力が身につきます。

地域との活動を通じて連携力を高める

さまざまな地域のイベントへ積極的に参加します。学内にある奈良市子育て支援センターではイベントなどの企画・運営を経験します。企画立案、運営などを学生たちの手で行うことで、地域との連携力を高めます。

卒業後も充実!! キャリアアップ教育

在学中だけでなく、卒業後も公務員対策講座や卒後教育研修などの講座を開催しています。公立保育士や幼稚園教諭(公務員)などの合格者を輩出するなど、卒業後もキャリアアップがめざせます。

このページのトップへ

取得できる資格

  • 社会福祉主事任用資格

    社会福祉の行政機関となる福祉事務所で、家庭訪問や面接、生活指導などの仕事をする職員として任用されるために必要な資格です。現在は、生活保護をはじめ、児童や障がい者、高齢者など幅広い分野で相談援助を必要とする人々が増えています。そのため、民間の高齢者施設やデイサービスなどでも、相談員として働く場合に、社会福祉主事任用資格の有資格者であることが求められることもあります。

  • ピアヘルパー

    ピアヘルパーは、「仲間(ピア)」と「助ける人(ヘルパー)」を意味し、青年や学生なら誰でも遭遇する問題の相談相手になったり、サークルなどのグループの世話役になったりするための、学生を対象とした認定資格です。教育カウンセラーなどの専門家に協力して活動したり、教師、保育士、ホームヘルパーなど人間関係を主とする職業に役立てたりすることができます。
    本学が指定する単位を修得後、資格試験に合格することで認定証が交付されます。

  • 幼稚園教諭二種免許

    幼稚園教諭として、幼稚園で3歳から5歳の子どもたちの人間形成に携わります。
    幼稚園のほか、幼児体育のインストラクターや、幼児教育の専門家として、企業で働きます。
    本学地域こども学科で必要な単位を修得すれば、卒業と同時に取得できます。

  • 保育士

    0~18歳までのこどもを対象に発達に応じた援助や指導を行う資格です。
    保育所で0歳から6歳のこどもの成長発達に携わったり、児童福祉施設で18歳までのこどもの援助者として携わります。
    保育所のほか、乳児院や児童養護施設、障害児施設などの児童福祉施設、子育て支援センター、認定こども園などで働きます。
    本学地域こども学科で必要な単位を修得すれば、卒業と同時に取得できます。

  • 認定ベビーシッター

    在宅保育サービスとして主に在宅での保育をおこないます。また施設(集団)保育のプロである“保育士”資格と、個別(在宅)保育のプロである“ベビーシッター”の資格を併せ持った保育士が誕生し、各現場で活躍しています。

  • 児童厚生二級指導員

    児童館や児童クラブ(学童保育)で働き、遊びや生活を通じて、児童の健全な心身発達を支援する資格です。
    児童館・児童クラブの機能と活動内容について理解するとともに、修得した児童健全育成活動の基礎的な知識・技術を用いて、遊びや生活を通した児童の健全な心身発達を直接的に支援する人材です。

卒業後の進路イメージ

  • 福祉の現場で働ける『保育士』になりたい!

    ●保育ソーシャルワークフィールド●
    保育士に加えて、あらゆる福祉現場で働ける“社会福祉士”の受験資格をめざすフィールドです。障がい児・者の相談援助やホームレス支援など、実際の現場で担当について支援を行い、実践力を身につけ、その成果を卒業論文にまとめます。

  • スポーツを通して幼児期の心と体を育む『指導者』になりたい!

    ●スポーツフィールド●
    実際にこどもたちと触れ合いながら、幼児期の運動能力や発達の特徴について学びます。夢中になって遊ぶこどもたちの姿から、心と体を育む運動遊びの大切さ、それを支える保育者の役割について理解を深め実践していきます。

  • 好きな音楽を最大限に活かせる『保育士』になりたい!

    ●音楽フィールド●
    “リズム遊び”や“わらべうた”、“絵本と音楽”などさまざまな歌遊びを学びます。地域のこどもたちとの交流を通じながら、音楽でどのようにこどもたちの心をひきつけるかを身につけます。音楽を通してこどもたちとの繋がりを広げていきます。

  • ピアノや楽器で音楽を楽しむことができる『保育士』になりたい!

    ●ピアノフィールド●
    こどもたちの感性を育てる上で、音楽の役割は重要です。ピアノや楽器を弾くことができるのは、保育士にとって大きな強みです。本フィールドでは、地域のこどもたちと音楽を通して交流しながら、学生がこどもたちの音楽やイメージの世界を広げることができる力を育てます。

  • 身近な自然を保育に取り入れることができる『保育士』になりたい!

    ●自然と遊びフィールド●
    身の回りの自然や人とのつながりは、こどもの成長に大きな影響を与えます。季節の変化やその美しさを目の当たりにすることは、こどもたちの感性を豊かにします。本フィールドでは、木の葉の形や色、土の感触、草花を使った遊びなどを体験し、活動に取り入れて学びます。

  • 子育て支援の大切さを伝えることができる『保育士』になりたい!

    ●心と発達フィールド●
    0~2歳児の発達に大切な親との触れ合いを考えながら子育て支援を学びます。親子ふれあい遊びの企画や手作りのおもちゃの製作など、親子で楽しめる遊びを学びます。キャンパス内にある子育て支援センターで、親とこどもの笑顔を生み出す支援方法を身につけていきます。