学科・コースDEPARTMENT

ホーム  >  学科・コース  >   地域こども学科   >  こども保育コース/音楽・ピアノ・スポーツ・自然と遊び・心と発達フィールド

こども保育コース/音楽・ピアノ・スポーツ・自然と遊び・心と発達フィールド

地域こども学科


在学生の声

植田 ココロさん地域こども学科/こども保育コース2回生

保育者をめざすきっかけはなんですか。
高校2年生のときに夏の保育所ボランティアに参加したことです。保育所で接した子どもたちは、素直にありがとうやゴメンねを言うことができていて、子どもから学べることがたくさんあると感じました。
奈良佐保短期大学を選んだのは?
自分のほしい資格が取得でき、オープンキャンパスに来て、話をした先生の様子や大学の雰囲気が好きだったことです。ピアノをしっかり見てくれるなど、ほっとかない教育が行われていることも安心できました。
地域こども学科ではフィールド制がありますが、どのフィールドに所属していますか。
自然と遊びフィールドに所属しています。週1回のフィールドの時間には、押し花や和紙を使ったランプシェードを作ったり、スライムづくりをしたり、学生自らがやってみたいと思えることを調べて実践しています。
どんな授業がありますか。
子どもや保育者にとって大切なことを学ぶことができます。例えば、子どもとかかわる時の留意事項や安全を守るために気を付けるべき点などです。
学外実習はどうでしたか。
幼稚園実習では、毎日子どもたちに会えることがとても楽しみでした。昨日話をしてくれなかった子どもが笑顔を見せてくれたりして、5日間で子どもの変化や成長を感じることができました。
施設実習では、子どもとのコミュニケーションは会話だけではなく、着ている服やノートの落書きなどからも心情を汲み取ることができ、その大切さを学ぶことができました。また、掃除や洗濯は雑務ではなく、子どもの生活を支えるとても大切な仕事だと感じることができました。
幼稚園実習、施設実習では毎日の記録簿が大変で、初日は書き上げるのに朝6時までかかりましたが、最後の方は2時くらいには書き終えることができるようになりました。
奈良佐保のいいところは。
先生も優しいですし、授業も楽しいです。明るくて、友達思いの仲間もたくさんいるところです。
将来の夢を教えてください。
子どもとの会話が楽しく、その発想力にいつも驚かされます。例えば、「お空って何味?」と言う子どもがいれば、それに対して、「いちご味!」や「ぶどう味だよ」と答える子どもがいたりします。今は、そういう会話がたくさんできる3歳から5歳児が通う幼稚園の先生がいいかなと思っています。
後輩へのメッセージをお願いします。
佐保はとても楽しく、毎日充実した学生生活を過ごせます。先生も友達も明るく優しい方ばかりなので、すごく頼りになります。 ピアノは毎日コツコツと練習することが大切で、困ったときは先生にどんどん質問したらいいと思います。

このページのトップへ

野中 元貴さん地域こども学科/こども保育コース2回生(長期履修生)

保育者をめざすきっかけはなんですか?
中学生のときにいとこが産まれ、一緒に遊んだりしていたことがきっかけで、保育士になりたいと思うようになりました。
奈良佐保短期大学を選んだのは?
フィールド制があり、なにかに特化した力を身に付けた保育士になりたいと思ったからです。
長期履修学生制度を利用しようと思ったきっかけはなんですか?
自分の力で大学に行きたいと思っていて、高校生のときに学費を貯めようとアルバイトをしていました。そんなときに長期履修学生制度があることを知り、アルバイトをしながら大学に通って3年間で資格を取ろうと思いました。
大学の授業は週3日ですが、授業がない日はどのように過ごされていますか?
保育園で体育指導の補助や学童保育でアルバイトをしています。それ以外に時間があるときはピアノの練習をするようにしています。
どんな授業がありますか?
ピアノは初心者ですが、とても楽しいです。好きな曲を弾けるようになりたいと思って頑張っています。家に電子ピアノがあるので、授業で出るバイエルの課題を一日一回は弾くようにしています。それから、学習・発達論という授業があるんですが、講義を聞いていると、子どもとかかわっているときに不思議だなと疑問に思っていたことが「なるほど。そういうことか。」と納得できたりしておもしろいです。
将来の夢を教えてください
もちろん子どもにかかわる仕事に就きたいです。保育士だけでなく、学童保育でアルバイトをしているので、放課後児童支援員という資格もあわせて取得したいと思っています。
後輩へのメッセージをお願いします
大学に行くと、手続きや締め切りがたくさんあります。入学手続きに始まって、授業の課題の締め切りなどがたくさんあるので、うっかりしていると、せっかく頑張ったことが無駄になってしまいます。社会人になるために必要なことだと思って、期限を守り手続きを間違えないように気をつけて取り組んでいくことが大切だと思います。

このページのトップへ