学科・専攻

ホーム  >  学科・専攻  >  地域こども学科  >  こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド

こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド


こども保育コース/保育ソーシャルワークフィ ールド 概要

こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド

保育士資格に加えて、子どもをとりまく様々な社会問題に対応できる「社会福祉士」受験資格取得をめざします。(*卒業後、指定施設での2年間の相談援助経験が必要です。)

コースの特徴

保育士と社会福祉士をめざす。

現在保育士資格において親に対する支援や地域との関係づくりなど新たな役割が求められています。社会福祉士は相相談援助の専門職であり、あらゆる福祉分野の専門性の獲得を目指します。

こどもへの総合的な援助を学ぶ学習プログラム

事例検討やロールプレイなど体験型の授業、こどもへの総合的な援助を学びます

こどもと地域を結ぶソーシャルワーカーになる。

こどもや障がい児(者)の施設などさまざまな施設で学外実習や見学、支援を行っている人との交流を通じて、こどもと地域を結ぶことのできるソーシャルワーカーをめざします。

めざす資格

  • 保育士

    保育所で0歳から6歳のこどもの成長発達に携わります。
    児童福祉施設で、18歳までのこどもの援助者として携わります。
    駅前保育所や認定こども園、認証保育所など、子育て支援の新しい形をとる施設で働きます。

  • 社会福祉士受験資格

    こども、障がい児(者)、高齢者、貧困者のために、さまざまな社会福祉施設で相談業務や生活援助に携わります。
    公務員として、福祉事務所、児童相談所などの行政機関で相談援助業務にあたります。
    病院や保健所など医療機関で、患者と家族の心理・経済面の問題解決を行う医療ソーシャルワーカーとして働きます。
    社会福祉協議会の職員として、地域の人々と一緒にコミュニティワーカーとして働きます。

  • その他の資格

    介護職員初任者研修、認定ベビーシッター、ピアヘルパー、児童厚生二級指導員、社会福祉主事任用資格、