学科・コースDEPARTMENT

ホーム  >  学科・コース  >   地域こども学科   >  こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド

こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド

地域こども学科


こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド 概要

こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド社会福祉士受験資格と保育士資格をめざせる短期大学は関西で本学だけ!

保育士資格に加えて、子どもをとりまく様々な社会問題に対応できる「社会福祉士」受験資格取得をめざします。(*卒業後、指定施設で2年間の実務経験見込みで、卒業後2年目から国家試験が受験できます。)

コースの特徴

保育士と社会福祉士をめざす。

現在保育士資格において親に対する支援や地域との関係づくりなど新たな役割が求められています。社会福祉士は相談援助の専門職であり、あらゆる福祉分野の専門性の獲得を目指します。

子どもを中心とした福祉の総合的な援助を学ぶ学習プログラム

事例検討やロールプレイなど体験型の授業、子どもへの総合的な援助を学びます

子どもと地域を結ぶソーシャルワーカーになる。

子どもや障がい児(者)の施設などさまざまな施設で学外実習や見学、支援を行っている人との交流を通じて、子どもと地域を結ぶことのできるソーシャルワーカーをめざします。

取得できる資格

  • 社会福祉士(受験資格)

    こども、障がい児(者)、高齢者、貧困者のために、さまざまな社会福祉施設で相談業務や生活援助に携わったり、公務員として、福祉事務所、児童相談所などの行政機関で相談援助業務を行ったりします。
    また、病院や保健所など医療機関で、患者と家族の心理・経済面の問題解決を行う医療ソーシャルワーカーとして働いたり、社会福祉協議会の職員として、地域の人々と一緒に活動するコミュニティワーカーとして働いたりします。
    本学では下記のいずれかのコース・フィールドで必要な単位を修得後、相談援助実務を2年経験することで受験資格が得られます。
    <生活未来科生活福祉コース>
    ・「ソーシャルワーク・フィールド」を選択し、必要な単位を修得する。
    ・「ケアワーク・フィールド」を修了後、卒業を1年延期して必要な単位を修得する。
    <地域こども学科こども保育コース>
    ・「保育ソーシャルワークフィールド」を選択し、必要な単位を修得する。

  • 介護職員初任者研修

    介護に携わる者として、基礎的な知識や技術をもち、支援する際の考え方のプロセスを身につけ介護業務を行うことができるようになるための資格です
    自身では日常生活を送るのが困難な高齢者や身体障害者に対し、入浴、食事、排泄などの身体介護や、掃除、洗濯、買い物、調理などの生活援助といった日常生活全般の援助を行います。
    特別養護老人ホーム、老人保健施設等の介護福祉施設や訪問介護事業所で働くことができます。
    また家庭内での介護にも活かせる知識として講座を受講し、資格を取得する人も増えています。

  • 社会福祉主事任用資格

    社会福祉の行政機関となる福祉事務所で、家庭訪問や面接、生活指導などの仕事をする職員として任用されるために必要な資格です。現在は、生活保護をはじめ、児童や障がい者、高齢者など幅広い分野で相談援助を必要とする人々が増えています。そのため、民間の高齢者施設やデイサービスなどでも、相談員として働く場合に、社会福祉主事任用資格の有資格者であることが求められることもあります。

  • ピアヘルパー

    ピアヘルパーは、「仲間(ピア)」と「助ける人(ヘルパー)」を意味し、青年や学生なら誰でも遭遇する問題の相談相手になったり、サークルなどのグループの世話役になったりするための、学生を対象とした認定資格です。教育カウンセラーなどの専門家に協力して活動したり、教師、保育士、ホームヘルパーなど人間関係を主とする職業に役立てたりすることができます。
    本学が指定する単位を修得後、資格試験に合格することで認定証が交付されます。

  • 保育士

    0~18歳までのこどもを対象に発達に応じた援助や指導を行う資格です。
    保育所で0歳から6歳のこどもの成長発達に携わったり、児童福祉施設で18歳までのこどもの援助者として携わります。
    保育所のほか、乳児院や児童養護施設、障害児施設などの児童福祉施設、子育て支援センター、認定こども園などで働きます。
    本学地域こども学科で必要な単位を修得すれば、卒業と同時に取得できます。

  • 認定ベビーシッター

    在宅保育サービスとして主に在宅での保育をおこないます。また施設(集団)保育のプロである“保育士”資格と、個別(在宅)保育のプロである“ベビーシッター”の資格を併せ持った保育士が誕生し、各現場で活躍しています。

  • 児童厚生二級指導員

    児童館や児童クラブ(学童保育)で働き、遊びや生活を通じて、児童の健全な心身発達を支援する資格です。
    児童館・児童クラブの機能と活動内容について理解するとともに、修得した児童健全育成活動の基礎的な知識・技術を用いて、遊びや生活を通した児童の健全な心身発達を直接的に支援する人材です。