学科・コースDEPARTMENT

ホーム  >  学科・コース  >   地域こども学科   >  こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド

こども保育コース/保育ソーシャルワークフィールド

地域こども学科


安永 龍子Yasunaga Ryuko

専門分野 在宅看護
担当科目 小児保健、小児保健演習、保健医療サービス

健康維持のために佐保のキャンパスを駆け巡っています。研究棟から研究棟への移動は常に駆けてます。走りの調子が健康のバロメーターにもなっていて、足の上がりも良く、リズミカルなときは元気いっぱい。ノロノロカメのように、ゆったりゆったり歩いているときは絶不調。体力の低下を感じるときです。 介護は体力を要する仕事でもあり、足腰の低下は介護技術の質の低下をもたらします。体力を維持し、質の高い介護技術の指導ができるように、これからもキャンパスを駆け巡りたいと思います。


宮川 久美Miyagawa Hisami

専門分野 日本語学
担当科目 国語表現法、国語、日本語日本事情、文字とことばの歴史、実用日本語ゼミナール

万葉集や古事記・日本書紀、東大寺正倉院に残る古文書などの研究をしています。一方で、外国人に対する日本語教育、日本人に対する国語教育にも力を入れています。授業では、実践を重んじ、毎回勉強の成果を提出してもらって、添削し、返却しています。一人一人の必要に合わせたきめ細かい指導を目指しています。


中田 奈月Nakata Natsuki

専門分野 社会学
担当科目 社会学,社会調査法,生活,家庭支援論,情報概論,情報処理演習

私たちは誰かに出会ったとき,外見や振る舞いからその人を判断します.スカートをはくのは女性,病院で白衣を着るのは医師,といった具合に.「男性はスカートをはいてはならない」という法律はないのに,スカート姿の人を振り返ったら実は「男性」と分かった時、私たちは驚きや戸惑いを覚えるかもしれません.予想と実際とがそぐわないときに覚える,驚きや戸惑い,居心地の悪さ.そんなことをモヤモヤと考えるのが私のテーマです.


増井 啓子Masui Keiko

専門分野 幼児教育
担当科目 保育内容(言葉)、教育実習、フィールド(音楽)

現場40年の経験の中で、たくさんの子どもたちから「元気と学び」をいっぱいもらいました。 この「元気と学び」と実践力を、学生の皆さんに伝えたいと思います。 大きな一歩を踏み出すチャンス!これからを担う熱意あふれる皆さんとの出会いを心待ちにしています。


佐々木 隆夫Sasaki Takao

専門分野 社会福祉、社会保障、社会福祉歴史
担当科目 社会福祉、社会保障、相談援助演習等

地域こども学科に着任しました佐々木隆夫です。今まで、四国や九州で学生指導をしてきた後、こちらでお世話になります。専門は、社会福祉、社会保障、社会福祉の歴史ですので、保育を指導する本学では、稀少な存在かもしれません。どうぞよろしくお願いいたします。


別所 崇Bessho Takashi

専門分野 教育心理学、学校臨床心理学
担当科目 学習・発達論、保育心理学演習、保育相談支援、教育相談の理論と方法

奈良の地が好きで、大学のときに奈良に来て、一度地元に戻りましたが、またまた奈良の地に住みついて、縁があって奈良佐保短期大学にやってきました。これまでのカウンセラー(主に学校教育現場)での経験をみなさんに伝えていくとともに、子どもの成長と発達、保護者への相談援助、保育者としての専門性などについて、みなさんと一緒に考えていけたらと思っています。


北村 麻樹Kitamura Maki

専門分野 保育学
担当科目 保育原理、乳児保育、保育内容演習人間関係、在宅保育論、保育実習、保育実習指導

保育士・幼稚園教諭の経験を活かし、皆さんに保育の仕事の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。保育の仕事は大変ですが子どもたちの笑顔を見るだけで頑張ろう!!と元気が出ます。毎日子どもとともに成長することのできる仕事だと思います。ぜひ素敵な保育者を目指して一緒に学びましょう。


盧 珠妍RO JUYEON

専門分野 教育哲学、人間形成論、芸術教育
担当科目 教育原理、カリキュラム論、教育方法の理論と実践、教育実習指導(小)b・c、実習基礎指導、総合演習、教職実践演習、基礎ゼミナールⅠ・Ⅱ、ゼミナールⅠ・Ⅱ


藤田 悦代Fujita Etsuyo

専門分野 幼児教育
担当科目 幼児理解、カリキュラム論

幼稚園教員40年で経験してきたことや、実際に子どもたちと接している中でのエピソードやかかわり方などを学生の皆さんに伝えていけたらと思います。一緒に学びを深めていきましょう。


西岡 由郎Nishioka Yoshiro

専門分野 国語科教育論、学級・学校経営論
担当科目 国語科教育法、特別活動の指導法、生徒・進路指導の理論と方法

皆さんは、この時期に出会った人やもの、出来事から多くのことを学ぶはずです。学びに無駄はありません。そこで、様々なことに挑戦し、貪欲に吸収し、「できないことはできるように」「できることはもっと上手にできるように」、そして、「できることを増やしていく」ことを大切にし、学びの根っこをふくらませてください。そのために、不易と改革の時代を確かに生き、自ら考え、学ぶことと為すことの楽しさを味わうことができるように、理論と実践の融合を図りながら、皆さんの夢が実現できるように私も応援します。