学科・コースDEPARTMENT

ホーム  >  学科・コース  >   生活未来科   >  生活福祉コース

生活福祉コース

生活未来科


 入学してすぐに始まる介護技術の授業です。まず介護されるモデル体験で「高齢になったら、もし障がいがあったら」と、身体の不自由さに困り、どんなことを思うものなかと考えることが大事です。演習では、常にどのような言葉、声をかければよいのかコミュニケーションに気を配ることを忘れさせません。基礎的な知識を土台に、専門的な知識や技術を積み重ねていきます。学校に設置されている特別機械浴でバブルの気泡風呂も実際に入浴してみると、分かることがあります。体験した人だけが分かり、やがてきっと思いやりの部分で温かい介護をする人になると期待します。車いすの移動の練習も、本学の自然がいっぱいの環境で花や木々を楽しみながら演習ができます。在宅介護の演習では、和室やベッドの上でシャンプーしたりと興味が湧いてきませんか。将来に備えて、できることや分かることを増やします。そのためにも知識や理論もしっかり学び技術も身につけます。心に寄り添うことやその人らしさを大事に思う視点をもって、より工夫することを心がけての生活支援技術を実践できる人を磨きます。


医療的ケアⅠ~Ⅲ

 1回生後期から、医療的ケアを学びます。医療的ケアⅠでは、介護福祉士がなぜ医療的ケアを行うのかを理解し、人間の尊厳の厳守・医療の倫理や多職種との連携・利用者や家族の気持ち等を学びます。また、医療的ケアに必要な基本的人体のしくみについて学習を深めます。2回生前期のⅡでは、喀痰吸引や経管栄養について、安全かつ適切に実施できるように、必要な知識を学びます。後期のⅢになると、シュミレーターを用いて実際に一人で経管栄養や喀痰吸引ができるように繰り返し練習していきます。


家事支援の技法Ⅰ~Ⅲ

 被服・栄養・調理といった家事支援の技術も身につけます。在宅支援ばかりの必要性ではありません。施設においても家庭的な暮らしのユニット化が進み、その人らしい生活が展開されます。施設のフロアにもキッチンがあって、ご飯を炊いたり、お味噌汁、お菓子作りだってアリ。本学では栄養・調理の部分は食物栄養コースの教員が指導します、また、生活未来科コース横断科目でも、栄養士の卵たちの学生と友達になり、何気ない友人からの美味しい食べ物の話から栄養の知識も増えます。

介護過程Ⅰ~Ⅳ

 介護過程では、その人らしく生きるのを支えるとは何かを常に考え、利用者の歩んできた人生や生活背景をよく知って理解していきます。様々な角度から情報を得て、アセスメントを行い、その人のニーズ(課題)を見つけ出す方法を学びます。介護実習では、実際に利用者を受け持ち、専門科目で学んだ知識と技術を統合し、利用者のストレングスを考え、自立支援を念頭に具体的に介護計画を立案し実践します。その方の人生がより満足いくものとなるように、寄り添う力を養うのです。介護過程は、介護福祉士に求められる大きな力、思考を鍛える過程でもあります。ひとつひとつⅠ~Ⅳへと学びを進め、自己の介護観を培い、最終的に事例研究として発表します。


介護実習Ⅰ~Ⅲ

介護実習Ⅰでは、高齢者施設や障がい者施設に実習に行きます。サービスを利用されている方の理解を深め、特にコミュニケーションが図れるということが課題です。
介護実習Ⅱでは、高齢者施設での介護過程に取り組み、利用者のニーズを導く過程を学びます。また、集団レクリエーションを企画し実践します。
介護実習Ⅲでは、介護実習Ⅱでの学びをもとに、利用者の満足する人生の実現に向けて介護過程が展開できる実践力をつけます。夜勤実習もあります。介護福祉士としての介護観、倫理観を確認し、専門職としての基礎を構築する最終実習となります。


生活レクリエーション

 生活のなかでの楽しみは何でしょう。余暇活動ではないでしょうか。楽しみを見つけるのを手伝って欲しい。楽しみを支えて欲しい。励まして欲しい。何かしたい。何が好き?人々を元気にして欲しい。生活のなかでレクリエーションに取り組むと気を張らずに楽しみながら元気を取り戻せます。レクリエーションに参加した方にとって、なるべく良い結果となるようにしなければなりません。そのためには、専門的に理論を学んでから実践すべきです。できることや到達できる課題を設定し、効果や結果を想像し計画を立てる、実践後を振り返ることも大切です。理論と演習から実力をつけます。また、介護実習の場でも、自分の立てた計画に基づいてレクリエーション活動を実践する機会があります。


セラピー概論

生きる意欲と笑顔を引き出すための援助方法を考える授業です。アロマセラピー、アニマルセラピーといった予防的な研究に基づいた手法や、心理的、生理的、社会的効果について学びます。



卒業までの流れ

1回生

 入学おめでとうございます。ようこそ生活福祉コースへ。
 自らの好奇心をかきたて積極的に活動し専門的学びを始めます。まずは、一般教養を深めつつ、福祉の基礎的知識や技術を身につけます。また、将来の就職も視野にキャリアガイダンスや、福祉施設で働かれている先輩方の話を聞く機会もあります。6月には初めて1週間の実習に行きます。そして8月末からはいよいよ本格的な実習です。後期には学校祭や福祉フェスタ、介護の日などイベントも目白押しです。クラスメイトとの絆を深め、春期休暇期間を利用して介護実習Ⅱまたは相談援助実習①に挑みます。

2回生

 いよいよ2年目突入です。実習での学びを振り返り次のステップへ繋げることは重要です。実習中のいろいろな体験や学びを分かち合います。
 2年目になると授業科目もより専門的になりますが、実習で見聞きしたことも参考に、福祉職としての視野も広がります。そして、介護実習Ⅲでは、受け持ち利用者の介護過程を実践します。続けて在宅分野の訪問介護実習等にもチャレンジします。相談援助実習②では、福祉現場の諸先輩方からいろいろとご指導をいただくことができます。
 後期にはいよいよ自分の進路・就職のについて決めていかなければなりません。そして、1月末には介護福祉士国家試験です。2月には事例研究をまとめ発表します。プレゼンテーションも勉強のしどころです。3月にはそれぞれ就職先も決まり、卒業式を迎えます。こうしてそれぞれの希望を胸に4月からは、福祉の専門職として歩み出します。

1回生

【前期】

4月 入学式・オリエンテーション
6月 介護実習Ⅰ①
7月 期末試験
8.9月 介護実習Ⅰ

【後期】

10月 実習報告会 学校祭
11月 福祉フェスタ 介護の日講演会
1月 期末試験
2月 介護実習Ⅱ・居宅介護実習
3月 相談援助実習①

2回生

【前期】

4月 オリエンテーション
5月 実習報告会
7月 期末試験
8・9月 介護実習Ⅲ・居宅介護実習

【後期】

10月 学校祭
11月 福祉フェスタ
介護の日講演会
12月 介護福祉士国家試験模擬試験
1月 介護福祉士国家試験
期末試験
2月 事例研究発表会 生活未来科成果報告会
3月 卒業式

<学祭にて>



時間割モデル

1



 
1 キャリアデザイン 社会福祉概論 生活支援技術Ⅰ 介護概論Ⅰ  
2 コミュニケーション演習 こころとからだのしくみⅡ(解剖生理学) 基礎ゼミナールⅠ 高齢者の心理
3 介護過程Ⅰ 情報処理演習Ⅰ  介護総合演習Ⅰ 生活と未来  
4  数の世界 英語など外国語   グリーンプランニングⅠ  日本の憲法
1



 
1 介護過程Ⅱ こころとからだのしくみⅠ(こころのしくみ) 生活支援技術Ⅱ こころとからだのしくみⅣ(嚥下と口腔衛生) 医療的ケアⅠ
2 介護概論Ⅱ  経営学総論 介護総合演習Ⅱ こころとからだのしくみⅢ(生活援助方法論)
3 認知症の理解Ⅰ   国語表現法  基礎ゼミナールⅡ 情報処理演習Ⅱ
4  コミュニケーションの基本 英語など外国語   グリーンプランニングⅡ  発達と老化の理解
2



 
1 人権と差別     情報処理演習Ⅲ 生活支援技術Ⅲ
2 介護総合演習Ⅲ 点字・手話 認知症の理解Ⅱ  
3  医療的ケアⅡ 生活経営・管理の技法 介護過程Ⅲ キャリアゼミナール 社会調査法
4  障害の理解Ⅰ 社会学    生活レクリエーション  家事支援の技法Ⅲ(調理)
2



 
1 家事支援の技法Ⅱ(栄養)   障害の理解Ⅱ 社会福祉施設経営 医療的ケアⅢ
2 介護過程Ⅳ-1 居住境整備の技法 介護過程Ⅳ-2 高齢者に対する支援と  介護保険制度
3 介護総合演習Ⅳ 情報処理演習Ⅳ  情報処理演習Ⅳ キャリアゼミナール  家事支援の技法Ⅰ(被服)
4 児童家庭福祉 セラピー概論    介護予防  

カリキュラム・シラバス